Hatena::Groupcomnnocom

術の伸張 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-15

新劇場版ヱヴァがすげぇ面白かったのは、「覚悟は幸福」だから?

| 新劇場版ヱヴァがすげぇ面白かったのは、「覚悟は幸福」だから? - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新劇場版ヱヴァがすげぇ面白かったのは、「覚悟は幸福」だから? - 術の伸張 新劇場版ヱヴァがすげぇ面白かったのは、「覚悟は幸福」だから? - 術の伸張 のブックマークコメント

おもむろに『ヱヴァ』について書いてみる。

「覚悟は幸福」って?

荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険』の第六部『スト-ンオーシャン』に登場するキャラクタープッチ神父言葉です。

彼が持つ能力は「世界を一巡させる」というもので、これにより「一巡後の世界」ではすべての人間が、自分の一生を「体験」した状態で生きることになります。

どういうことかといいますと、これから先自分の身に降りかかる出来事が直感的に理解できるようになるという感じに描写されています。

例えばこんなシーンがあります。二人の男と一人の少年廊下にいて、床には書類が落ちています。男のうち一人の脳裏に「自分がその書類を踏んで転ぶ」という考えが浮かびます。そしてもう一人の男と少年も同時に「その男が転ぶ」というひらめきを得ます。その後、三人はそれぞれの行動を取りますが、結果男は転んでしまいます。誰もその男を転ばそうとして行動したわけじゃないのに、浮かんだ未来の結果が実現します。

「一巡後の世界」ではすべての人間が自分と周りの人間に起こることを知ってしまいます。そして知っていて、それを避けようと行動しても、結果的にはそれが実現してしまうという世界です。

人の出会いと別れ、世界の変わり目となる出来事、自分の一生、そういうものをすべての人間が「体験」した状態で生きる世界プッチ神父はこの世界についてこう言いました。

それこそ『幸福』であるッ!

一人ではなく全員が未来を「覚悟」できるからだッ!

「覚悟した者」は「幸福」であるッ!

悪い出来事の未来も知る事は「絶望」と思うだろうが

逆だッ!

明日「死ぬ」とわかっていても「覚悟」があるから幸福なんだ!

「覚悟」は「絶望」を吹き飛ばすからだッ!

人類はこれで変わるッ!

これに賛同するかは皆さんにお任せするとして、新劇場版ヱヴァ』を見たときの気持ちってこれに近いんじゃないかなあ、と思いました。

「一巡後」の『ヱヴァ

今回の『ヱヴァ』はテレビシリーズの展開と基本的には一緒でした。サキエルが来襲し、シンジ君はエヴァに乗り、綾波は包帯で、……とまあ旧シリーズとの共通点を挙げていけばきりがありません。そしてそういう部分部分だけでなくストーリーも大まかにはほぼ同じ、ヤシマ作戦ラミエルは殲滅されました。

我々は、そういう『エヴァ』を既に「体験」している、のです。

ところどころの相違点に引っかかりを感じながらも、要所要所では「知っている」通りになる。これはやはり気持ちいいのだろうと思います。

もちろん、『序』のラストで放映された予告編を見れば、旧シリーズとは違う展開になるのは予想できます。でもね、それでも『エヴァ』のラストまで「体験」してしまった我々は「覚悟」ができるんですよ、できちゃうんですよ。あのテレビ版と、劇場版の二回のラストシーンを「体験」した我々は、新『ヱヴァ』のラストがどうであろうと既に覚悟完了してるんです。楽しめない筈がないじゃありませんか。

ちくしょうなんか悔しいなあ。

それでも「一巡」からの開放に憧れる

ストーンオーシャン』では主人公側の死に物狂いの活躍により、「一巡した世界」から抜け出ることができました。人類は新たな体験を積み重ねることになります。

できればやっぱり、そういう体験がしたいなあと思います。

余談

物語の展開でよく「お約束」というのが引き合いに出されるけど、そういうのも広い意味では「一巡後の世界」における「体験」だよなあ。「死亡フラグ」なんかその積み重ねのわかりやすい例ですよね。そして、お約束を裏切ったとしても、それが新たな「体験」になってしまう。創作とはかくも厳しい道であることよ。

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20071015

2007-09-01

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見た

| 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見た - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見た - 術の伸張 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見た - 術の伸張 のブックマークコメント

おそらくネタバレはありません。

ご多分に漏れず見てきたわけです。エヴァの初日で一日で土曜日レイトショーなだけあってすごい人。ほぼ満席でした。

僕がローティーン、ミドルティーンであった頃につくられた元祖『エヴァンゲリオン』なわけですけれど、あのお祭り騒ぎはもはや体験として記憶されていて、単なる作品の域を超えたものなんだなあというのを今更のように実感しました。もう面白いとかつまらないの問題じゃないんだよなあ。

さて、エヴァです。

エヴァといえばシンジ君ですけど、とてもシンジ君でした。

エヴァといえば綾波ですけど、とてつもなく綾波でした。

エヴァといえば初号機ですけど、どうしようもなく初号機でした。

エヴァといえば使徒ですけど、考えるまでもなく使徒でした。

エヴァといえば、ミサトさんであり、リツコであり、ゲンドウであり、冬月であり、伊吹マヤであり、日向マコトであり、青葉シゲルであり、エヴァといえば、エヴァといえば……

それらすべてがもう本当にエヴァそのものであり、エヴァを見てきました。

現在映像技術を使って正しく「エヴァ」が作られています。

その上に微妙にちりばめられている相違点の数々

僕等の知っているエヴァがそこにある、でもそれが違和感を纏って語りかけてきます。

「お前らが見たいのはこれだろう?」

そうなんです、確かにそうなんだけど、その裏に間違いなく何かがあって、その存在のほのめかしが僕をよじらせるんです。

かくして、リビルドされてかっこよくなったラミエルヤシマ作戦のもとに撃破され、画面右下には見慣れた明朝体で「つづく」の文字。そして流れ出すスタッフロール宇多田ヒカルの『Beautiful World』。聞こえてきた歌詞の内容は間違いなくシンジ君。いい仕事するなあ宇多田ヒカル

そして、エヴァといえば、予告です。

予想していなかった聞き覚えのある音楽に乗せて『破』の映像が断片的に網膜に映る。

空気が変わる場内。

そして照明が点いた時の場内のざわめきといったらもう!

いい体験でした。次も素直に楽しもうと思う。

そして、僕は今日25歳になりました。

おめでとう。

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20070901

2007-08-28

『ベクシル 2077日本鎖国』を見た

| 『ベクシル 2077日本鎖国』を見た - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ベクシル 2077日本鎖国』を見た - 術の伸張 『ベクシル 2077日本鎖国』を見た - 術の伸張 のブックマークコメント

面白かったなあ。

良いハリウッドアクション映画だったと思います。いや、日本映画なんだけどさ。

それくらいアクションの動きとかが自然で見ててアニメとか意識しなかったもの。これは楽しい主人公ベクシルが所属する米国特殊部隊「SWORD」の装備も造形的にかっこいい。強化スーツを纏った登場人物たち走って跳ねて飛んで、それを見てるだけで満足感が得られます。

ストーリー展開も無駄なく適度にスピーディー映画ピンポン』で原作ストーリーを超速で纏めた曽利監督の腕が光りましたね。小難しそうな設定が用意されてそうな所も気持ちよくすっ飛ばす。もうそういうもんなんだと、そういう世界なんだと突き放す。その思い切りの良さが好きです。いやそりゃあ引っかかる所はあったよ。あったけどさあ、やっぱ気持ち良い動きの方が見たいじゃんねえ。序盤でアレだけのものを見せられると。

まあ今から70年後の世界でキャラたちが鎖国鎖国言ってるのはシュールで面白かったですけどね。

よっしゃあ続きはネタバレだ。

  • 鎖国した国の企業が世界の兵器を牛耳ってるとか。
    • 世界中の戦場は大和重工の見本市さ」
    • そんでいいのか世界! もっと孤立させようよ、国連から脱退とかしてるんだから。
  • 人間と見分けが付かない生体金属を用いたアンドロイド
    • 材料は人間そのものでした
      • えー…… それってずるくない?
    • しかも日本人全員でテストして、成功したのが東京に住めるぐらいの人数。
      • 鎖国までして、たいへんなことをしてくれましたね。
  • 生体アンドロイド技術のすばらしさを天を仰ぎながら演説する社長
  • なのに社長はまだ生身の体だった
    • それを見た側近激怒。無言で社長の首を締め上げる。
      • 爆笑した。

とまあ、こんなストーリーが隙を見せつつ無駄なく流れていって気持ちよく楽しめたということで。大好きです。冗談でなく。

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20070828

2007-06-03

『大日本人』

| 『大日本人』 - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『大日本人』 - 術の伸張 『大日本人』 - 術の伸張 のブックマークコメント

面白かった。うん。おも……し……ろかっ……たかなあ。

なんか色々話題になってるので見てきました。結構ミーハーだなあと思いつつ。うーん嫌いじゃないというか、なんというか。タイトルどおりなんですよ、結局。描かれてるのは「大日本人」であって、それは「大・日本人」でもあるというか。監督さんがこれを伝えたいんじゃないかなあというのは受け止められたと勝手に思ってます

基本的な展開として、怪獣と戦うために巨大化する能力を持つ「大日本人」であるところの主人公大佐藤さんを取材するドキュメンタリーぽい体裁で進んでいくわけですけど、そのインタビューで浮かんでくる大佐藤さんは物悲しくて憎めないおっさんで、そんなおっさんがまあなんだかんだいって日本を守ってるわけですよね。そんなおっさんが好きなものが作中で明らかにされるんですけど、その辺りが一番気に入ったとこなのでここには書きません。

この監督さんはとても有名な芸人さんですけど、その監督さんが映画というフォーマットを使って作品を作ることになって、その結果できあがった作品がこれというのは、個人的に凄く納得がいくんですよ。映画というフォーマットっていうのはつまり、見たい人だけが、見れる場所に行って、金払って、同じく見たいと思って来てる他人と同じ部屋で、照明落として、大画面で、2時間ほど1か所に座って、見るという形式のことですけど、この作品はそれ以外のフォーマットで見るのが想像できない。テレビとか、演劇とか、DVDとかじゃなあ、という気持ちがあります。大画面じゃないとダメだし、CGじゃないとダメだし、途中でCM入ると冷めるし。でもそれでいて今まで見てきた映画とは印象が違うんですよね。

例えるなら、ゲーム機であるニンテンドーDSに、便利系のソフトが出てることへの違和感と似てるかもしれません。でも考えてみるとそういうソフトDSだからこそ効果を発揮するわけで。今まで映画というハードウェアに対応してたソフトたちとは違うけど、やっぱりそのハードじゃないと成立しない作品。そういう印象ですね。

だから、板尾さんとかが出てきたシーンでは一気にテレビコント風になってしまって、すげえ笑ったのだけど残念だった。スタッフロールで流れる映像テレビコント風なんだけどそれはオマケとして扱いたい。ジャッキー・チェン映画メイキングと同じ扱いでよろしくお願いします。

もし、次回作があるなら、多分見ると思います。

余談。怪獣デザインが、『覚悟のススメ』の戦術鬼に通じる部分をちょっと感じて、個人的なニヤニヤポイントでした。

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20070603

2007-02-19

『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』

| 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』 - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』 - 術の伸張 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』 - 術の伸張 のブックマークコメント

公式サイト

肯定します。

「何をするだあー!」とか「犬のヨダレでベトベトだぁー!」とか「突っ込んで殴りぬける!」とか「そこに痺れる!憧れるゥ!」とか「君が! 泣くまで!」とか「すっごお~~いッ!」とか「お前の血でだァーッ!」とか「座ったままの姿勢で!」とか「フーフー吹くなら」とか「今までに食べたパンの枚数」とか「LUCK!(幸運を!) PLUCK!(勇気をッ!)」とか「明日って今さ!」とか「ああ! う…美しすぎます!」とかの名台詞、名場面がことごとくカットされているわけで、我々のようなジョジョファンはその度肩透かしを喰い、寂しくなるのですがあえて言いましょう「そんなのはつまらんプライドだァ!」

我々は知っている! ジョナサンディオ青春を! いや、一世紀以上にわたるディオジョースター家の因縁の物語を! その原点となる『ファントムブラッド』の骨格はそんな肉を切り落とされたぐらいではびくともしないくらい頑丈で濃密なのです。初期の荒木飛呂彦節溢れる台詞やシーンをカットしても、この物語が十分な力を持っていることをこの映画は証明しています。

この作品の監督ジョジョを好きでたまらないことぐらいは見れば分かります。であれば先に挙げたシーンを削るのに相当な覚悟が要ったことは容易に想像できます。ならばそれほどの覚悟でこの作品を作り上げて伝えたかったのはなんなのか、それを考えろ! 俺!

色々言いたいことは出てくるのだけど、同時に物凄い満足感もあります。色々言いたくなるということは、それだけこの作品への思い入れを持っていることの証明だということにしておきましょう。場面ごとにころころ顔が変わるとかは普段そんなにアニメを見ない私でも気付いたので気になる人は相当気になると思います。でも何度でも言いますがそんなことはどうでもよかろうなのです。描かれていない部分はたくさんありますが、描かれている部分は充分燃えるしかっこいい。

特に気合が入ってるなと思ったのは序盤と終わりに出てくる二度のキスシーン。これは90分という上映時間だからこそ生きる対比だなあと気付かされました。

そして、いまさらネタバレ気にしてもしょうがないのでうろ覚えで引用しますが、波紋の力についてジョナサンに説明したときの次のツェペリさんの台詞には感銘を受けました。

この力によって君の運命は大きく変わることになる。そして、君の子孫の運命

うわー! 来たよこれ名台詞。ジョジョ20周年の今だからこそ最強の効果を発揮する言霊

もうね、誰がなんと言おうと肯定します。大好きです。

でも、「まるで親友と息子を同時に持ったような気持ちだぞ」は聞きたかったな。

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20070219