Hatena::Groupcomnnocom

術の伸張 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-19

ぶどうについて

ぶどうについて - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - ぶどうについて - 術の伸張 ぶどうについて - 術の伸張 のブックマークコメント

こないだコンビニで「みぞれ梨」とかいうジュースを買って飲んだ。梨は果物の中でもかなり好きなんだけど、このみぞれ梨にはあんまり梨っぽさを感じることは出来なかった。梨のどこら辺が好きかというと、シャキッとした食感と、潤いたっぷりのみずみずしさと、さわやかな甘み・香りが高いレベルバランスが取れているところ。

というわけでいきなりタイトルにそぐわない梨の話で始まったわけですけども、そろそろブドウの話。ぶどうは梨と同じく秋の果物だけど、個人的な好みでは梨に一歩劣る。味も好きだしプニャチっとした食感も嫌いではない。けれどぶどうは食べるのが面倒だ。

デラウェアサイズだと大抵の場合、一房とかがそのまま出される。ウチでは。それを手で一粒か二粒かそれくらいをもいで口に放り込んで、口ん中でクチュっと皮と実に分ける。で、皮を出す。でも、皮って結構渋いのだ。せっかくのぶどう味にノイズが入る。

では巨峰サイズでは? こっちも面倒。これは口の中で分けられるほど柔くないから。手で皮を剥かなきゃいけない。剥いても、薄皮っつーのかなんていうのかそれっぽいのが残ったりする。一粒あたりの手間はデラウェアよりめんどくさい。

だから、ここ数年ぶどうを食べる時いつも思ってるのは、一粒の大きさが梨とかと同じぐらいのぶどうがあればいいのにってこと。一粒の手間はかかるけど、1回剥いてしまえば、あとはぶどうの塊を口の中いっぱいに詰め込める。ぶどうの味と食感をものすごく堪能できる。種も大きくなるかもしれないけど、梨りんご桃らへんと同じぐらいであれば許容範囲内だろう。

でも、あのぶどうの実の柔らかさを保って巨大化させるってのは結構難しいのかなとか、じゃあ皮がもっと厚く丈夫になればいいんだとか、考えてます最近

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20090719