Hatena::Groupcomnnocom

術の伸張 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-19

『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』

| 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』 - 術の伸張 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』 - 術の伸張 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』 - 術の伸張 のブックマークコメント

公式サイト

肯定します。

「何をするだあー!」とか「犬のヨダレでベトベトだぁー!」とか「突っ込んで殴りぬける!」とか「そこに痺れる!憧れるゥ!」とか「君が! 泣くまで!」とか「すっごお~~いッ!」とか「お前の血でだァーッ!」とか「座ったままの姿勢で!」とか「フーフー吹くなら」とか「今までに食べたパンの枚数」とか「LUCK!(幸運を!) PLUCK!(勇気をッ!)」とか「明日って今さ!」とか「ああ! う…美しすぎます!」とかの名台詞、名場面がことごとくカットされているわけで、我々のようなジョジョファンはその度肩透かしを喰い、寂しくなるのですがあえて言いましょう「そんなのはつまらんプライドだァ!」

我々は知っている! ジョナサンディオ青春を! いや、一世紀以上にわたるディオジョースター家の因縁の物語を! その原点となる『ファントムブラッド』の骨格はそんな肉を切り落とされたぐらいではびくともしないくらい頑丈で濃密なのです。初期の荒木飛呂彦節溢れる台詞やシーンをカットしても、この物語が十分な力を持っていることをこの映画は証明しています。

この作品の監督ジョジョを好きでたまらないことぐらいは見れば分かります。であれば先に挙げたシーンを削るのに相当な覚悟が要ったことは容易に想像できます。ならばそれほどの覚悟でこの作品を作り上げて伝えたかったのはなんなのか、それを考えろ! 俺!

色々言いたいことは出てくるのだけど、同時に物凄い満足感もあります。色々言いたくなるということは、それだけこの作品への思い入れを持っていることの証明だということにしておきましょう。場面ごとにころころ顔が変わるとかは普段そんなにアニメを見ない私でも気付いたので気になる人は相当気になると思います。でも何度でも言いますがそんなことはどうでもよかろうなのです。描かれていない部分はたくさんありますが、描かれている部分は充分燃えるしかっこいい。

特に気合が入ってるなと思ったのは序盤と終わりに出てくる二度のキスシーン。これは90分という上映時間だからこそ生きる対比だなあと気付かされました。

そして、いまさらネタバレ気にしてもしょうがないのでうろ覚えで引用しますが、波紋の力についてジョナサンに説明したときの次のツェペリさんの台詞には感銘を受けました。

この力によって君の運命は大きく変わることになる。そして、君の子孫の運命

うわー! 来たよこれ名台詞。ジョジョ20周年の今だからこそ最強の効果を発揮する言霊

もうね、誰がなんと言おうと肯定します。大好きです。

でも、「まるで親友と息子を同時に持ったような気持ちだぞ」は聞きたかったな。

トラックバック - http://comnnocom.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20070219